一番下にインスタとツイッターのアカウントがありますので面白かったらぜひフォローしてくださいね!

サーフで夜釣り!ヒラメ&マゴチのナイトゲーム攻略方法!

  • 2021年8月27日
  • 2022年7月28日
  • その他

こんにちは!釣り歴20年以上、釣った魚種が30種を突破したへるおです!

みなさんサーフでの釣り楽しんでますか?

サーフはヒラメやマゴチ、シーバスに青物と夢がありますよね!

でも広大なサーフの釣りって狙いどころが分かりづらいし変化も少ないから釣れないとモチベーションも下がってしまいますよね!

そこで今回は、初心者でも簡単に釣れるサーフでのナイトゲームについて解説したいと思います!

サーフフィッシングのまとめ記事はこちら

マゴチやヒラメが釣れないなら夜釣りがおススメ!

マゴチやヒラメと言えば朝マズメから狙うデイゲームが基本ですが、実は夜もよく釣れるんです!

ただ全くの釣り自体が初めてという方の夜釣りはおすすめしません!

夜釣りはどうしても周りが見えにくいのでキャスティングしてもルアーがちゃんと飛んでいるかすら分からずに、結局なにがなにやら分からないまま終わってしまうことが多いからです。

まずは明るい時間にキャスティングとルアーを巻いている感覚だけでもつかんでおきましょう!

ナイトサーフゲームのメリット・デメリット

メリット

  • デイゲームより簡単に釣れる
  • 人が少なくて快適
  • 夏場などは涼しくて快適
  • 日焼けの心配がない
  • 手の感覚に集中して釣りが上手くなる
  • 昼より手前にいるので大遠投などは必要ない

デメリット

  • ヘッドライトがあっても昼と比べると見えにくい
  • 慣れるまではやりにくく感じるかも
  • エイがかかった時が怖い
  • 眠い(笑)

夜釣りでのヒラメやマゴチは警戒心も低く非常に釣りやすいです。

昼行性の魚ですが真夜中でも普通に捕食します。いつエサにありつけるか分からない自然界ですから当然ですね!

さらに特筆すべき特徴は昼間より手前にいるということです。

なので無理にウェーディングする必要はないということですね!

ヒラメやマゴチの夜釣りのコツ

狙うポイント

一般的に言われる常夜灯回りなどを強く意識する必要はありません!

もちろんあるなら狙ってみるべきですが、さほど水深のないサーフでは月明りや道路の街灯でも十分に光が届きます。

さらに言えば待ち伏せ型のフィッシュイーターであるヒラメやマゴチはしっかりと狙いを定める為に目もいいと思いますしね!

では狙うべきはどこかというと昼間よりも手前を広い範囲攻めるのがおススメです。

夜はそもそもベイトも岸に寄りやすいですし、離岸流に固執する必要もありませんからね!(そもそも見えませんが)

ルアー選び

夜のルアーと言えば夜光!グローカラーがいい!ということはありません!

むしろヒラメやマゴチを夜釣りで狙うならグロー系やスケルトン系のカラーは避けましょう!

ご存じの通りヒラメやマゴチはボトムでじっと待ち伏せをするタイプのフィッシュイーターです。夜は月明りによって出来る影を頼りにベイトを捕食します。

なのでシルエットがはっきりと出るカラーがおススメです!

カラー以外のルアー自体のアクションですが、フラッシング重視のロール系よりも波動でアピールできるウォブリング系のアクションが良いでしょう。

ルアーの動かし方

デイゲームなら底の少し上をゆっくり巻いてくる横の動きが基本になってきます。

しかしナイトゲームではしっかりと食わせのタイミングを作ってやるのが釣果を伸ばすコツです。

リフト&フォールやストップ&ゴー、ロッドワークによるズル引きなどですね!

シルエットと波動で気づかせて、止めて食わせるイメージです。

といっても長時間のステイで食ってくる魚ではないのでせいぜい数秒で十分ですよ!

夜のサーフでおススメのルアー

ここまでの解説を踏まえておススメできるルアーの条件をまとまると・・・

  1. シルエットのはっきり出るカラー
  2. ウォブリング主体のアクション
  3. ストップ&ゴーやリフト&フォールがやりやすいように浮き上がりのいいルアー
  4. ズル引きも視野に入れるなら根掛かりもしにくい物

以上を踏まえてルアーを上げていきますね!

【全15色】デュオ ビーチウォーカー フリッパー Z24g (メタルジグ ジギング)

価格:1,386円
(2021/8/27 21:53時点)

デイゲームでも大活躍のフリッパーですが、この『Z』の24gは浮き上がりがめちゃくちゃいいので夜は特におススメです!

アクションもシンペンのようなヨタヨタとしたウォブリングで文句なしです!

昼間も使えるのでとりあえず持っておくといいですよ!

もちろんカラーは夜ならマット系です!

デュエル(DUEL) ハードコア ヘビーショット 65mm F1209 【ネコポス配送可】

価格:1,056円
(2021/8/27 21:59時点)
感想(0件)

85と65があれば多少の風や潮流にも対応できます!

DUELの名作シンキングペンシル、ヘビーショットの末っ子ですね!

これもシンペンなのにめちゃくちゃ浮き上がりが良いのでサーフで非常に使いやすいです!

ジグにはない水押しの強さで広範囲の魚にアピールでき、飛距離も申し分ないのでパイロットルアーとしても活躍しますよ!

【全8色】デュオ ビーチウォーカー ジャンゴセット 14g (ソルトルアー)

価格:891円
(2021/8/27 22:07時点)

今まさに話題のビーチウォーカージャンゴです!

マゴチ専用となっていますがヒラメももちろん狙えます!

リフト&フォールとズル引きが特に良いですね!

フックが上についてるので根掛かりが少ないのが最高です! 

 

特にDUOのこの二つのルアーのマットチャートはデイゲームでもよく釣れるのでおすすめです!

だってよく考えたらサーフの砂って真っ白じゃなくて黄色っぽくありませんか?

キスなんかも保護色で少し黄色がかってますよね!つまり下からはシルエットでしっかりアピール、横からはナチュラルに食わせるという事が可能なカラーなんですね!

ウェッジ95Sは珍しいハイピッチのシンキングペンシルですね!

サーフの夜釣りで持っておくべきヘッドライトはこれ!

サーフは漁港などに比べて常夜灯などもないのでどうしても浮いているゴミなどが見えなくてやりにくく感じてしまうかもしれません。

なので夜釣りでもサーフでは特にしっかりとしたヘッドライトがおススメです!

軽くて頑丈で防水で明るくてバッテリーも良くもって保証があるヘッドライトって他にありますかね?

僕はこのオーライトしか知りませんね!

釣りに使えるヘッドライト コスパ最強はこれに決定!2021年冬の最新版!

予算に余裕があるなら断然こっちです!

明るさがさらに上がってサーフでも広く照らせるように照射角度も180°まで調整できます!

遠浅サーフの攻略方法はこちら

日本はサーフのほとんどが遠浅と言われています。

なのでデイゲームを基準にしていますが遠浅サーフの攻略法も書いてみました!

サーフでの基本的なタックルの選び方なんかも書いているので是非参考にしてみてください!

遠浅サーフを攻略!ヒラメやマゴチを釣る簡単な方法!

ナイトサーフでのヒラメ、マゴチの攻略方法まとめ

今回は結構ニッチな内容の記事になってしまいましたね(笑)

しかしながら今はまだデイゲームがほとんどのサーフフィッシングですので逆に言えばチャンスです!

人が少なくて快適に楽しめる今のうちに釣りまくりましょう!

シマノの22ネッサBBはコスパ最強のサーフロッドになるのか!?サーフでの釣りを始めるならこれだ!

最新情報をチェックしよう!